スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まやの雑談部屋29 「ペヤング焼きそば」「10月の期間限定ラーメン」「ブログ」

「まやの雑談部屋」の第29回記事になります。
以前もラーメン記事中にたまに雑談をはさんでいたりしましたが、完全に切り離して別記事にすることにしました。雑談というかあくまでも日記のような内容ですので、ラーメン記事以外に興味のない方は、飛ばして貰ってぜんぜん結構です(^_^;)

※既に12月に入っていますが、前回まとめから10回以上更新をしましたので、超強引に10月期の雑談まとめとします(記事の10月期編集は後ほど行います)。これにて年内の記事更新は20回/月となる計算ですが、えーと無理っぽい?(^_^;)

★1ペヤング焼きそば

■ペヤング焼きそばのこと
これまた前回雑談記事と同様、カップ麺について触れてみます。
前回までは色々と買い込んでみたのですが(野菜たっぷり系カップ麺)、今回は一種類に絞りました。購入したのは有名な「ペヤング焼きそば」です。紆余曲折あって販売停止の時期もあったようですが、販売再開と共に大人気。確かカップ麺業界で売り上げ一位を記録したとかなんとなか(どこかで聞いたようなニュースなので間違っているかも)。それとよくよく考えてみたのですが、アレ、もしかしたら人生初「ペヤング焼きそば」かも(^_^;) いまでは沖縄での入手はそう困難ではないかもしれませんが、ひと昔前は店頭に並んでいませんでしたよね。

ということで頂いてみます(※追記があるかも。そのまま無い場合も)

2★我流家VS三竹寿

■10月の期間限定ラーメンのこと
通常更新もままならないなか、各ラーメン店の「期間限定ラーメン」を頂くのは差し控えているのですが、掲載の画像はネットで見かけてつい食べてみたいと保存したもの(10月のお話ですが……)。「三竹寿のラーメン」も興味深いですが、つけ麺から直系に発展させたラーメンのようですし、過去に頂いた覚えもあります。今回興味を引いたのは「我流家の淡麗」でありました。「我流家」のイメージではないですし、実際の食べ応えの想像もしにくいです。提供時の評判はどうだったのでしょうか? 次回こういったパターンがありましたら、期間限定ものでも頂きたいと考えております。

★3ブログ画面

■ブログのこと
はい、引き続き更新が遅れております。
冒頭に書いたように、バラけて更新した分を強引に10月期として後ほど編集する予定です。引き続き11月期・12月期とも、最低二桁のラーメン記事をアップしたいと考えております。ペース的に現状では厳しいというのがあるのですが、もうひとつ問題点が……。最近でも「県外のラーメン(石川県)」記事をアップしていますが、まだ他県のラーメン記事候補が残っていたりします。一月10回更新するとして、5回は「県外のラーメン」記事という可能性もあります(ブログタイトルに偽りありですね(^_^;))。

沖縄でもようやく寒さが感じられるようになって来ました。ラーメンの季節ですね!

スポンサーサイト

まやの雑談部屋28 「カップ麺」「ファミマのラーメン」「ブログ」

「まやの雑談部屋」の第28回記事になります。
以前もラーメン記事中にたまに雑談をはさんでいたりしましたが、完全に切り離して別記事にすることにしました。雑談というかあくまでも日記のような内容ですので、ラーメン記事以外に興味のない方は、飛ばして貰ってぜんぜん結構です(^_^;)

※前月同様9月期の記事更新は10回に満たなかったのですが、10月に更新した分を移動して無理やり二桁にしました(10月に新規出店されたお店もあって、時系列的にはおかしくなってしまうのですが……。しばらくこのパターンが続きます(^_^;))

1_201510122222263cc.jpg

■カップ麺のこと
これまた前回雑談記事と同様、カップ麺について触れてみます。
今月はなぜか「野菜たっぷり系カップ麺」が多く発売されていたようで、テーマを決めたかのように併せて購入です。といいますか、改めて量販店などで確認しますと「タンメン系」のカップ麺の種類が多いですね。そのようなカップ麺の説明書きには、「一日の必要摂取類1/3の野菜が取れる」などと書かれていたりします。いや、ホント?(^_^;) カップ麺を食べる方にはそれで罪悪感が緩和(?)されるのか、結果的に需要があるのでしょう。素直にコンビニサラダで良いので、一品追加したら良いかと思うのですが……(無粋です)。野菜たっぷり系といってもさすがはカップ麺の世界、バリエーションも色々とあるものです。

2_20151012222225648.jpg

■ファミマのラーメン
10月に入ってからコンビニの「沖縄ファミリーマート」にて、大々的にレンチンタイプの新商品ラーメンのアピールをされていますね。CMや、店頭の看板やのぼりなど、ラーメン関係で気合いを入れてくれるのは、いちラーメンファンとしてもどこか嬉しいものです。ラインナップとしては「醤油ラーメン(498円)」「味噌ラーメン(520円)」「豚骨ラーメン(540円)」となっています。10月26日(月)までは各品目50円引きで提供されているのだそう。ということで「豚骨ラーメン(540円⇒490円)」を購入してみました。

3_20151012222224e9e.jpg

どのラインナップも具材が豊富で(これはパッケージの印象も大きいかも)、特に店頭に並んでいる見た目の印象はとても良いです。今回はラインナップから最高値の「豚骨ラーメン」を選択しましたが、この値段帯で提供されているラーメン店も結構あるのですよね(^_^;) ラーメン自体は商品として良く煮詰められているものでしたが、客層的に需要があるのかはまだ判らないところです。ただ(沖縄地域の)コンビニ大手さんがラーメン商品に力を入れてくれるのは喜ばしいことだと思っております。

4_20151012222224690.jpg

■ブログのこと
はい、引き続き更新が遅れております。
冒頭に書いたように、9月分は10月に入って更新した分を含め強引に二桁更新したことにしました(^_^;) もうしばらくこのような流れになりそうですが、ラーメン店には継続して訪れていますので、10月もがっつり頂きます!

あと凄いニッチな話題ですが、前回雑談記事に書いた「にらタレ」ですが、「丸大勢理客店」で見かけたとのコメント欄からの情報がありました。残念ながら自分が寄った際には見つけられなかったのですが、「花月」と隣接している「丸大南風原店」に寄ってみたところ、豆腐コーナーに置かれていました(勢理客店情報でもそうでした)。ここからは想像ですが供給の不安定さから、「にらタレ」の製造元が沖縄の量販店に営業をかけている段階ではないでしょうか? 今回購入出来ましたが、個人的には安定して入手出来るようになって欲しいものです。

私事ですが引っ越ししました。現在の更新頻度ではあまり影響出ないかもしれませんが、訪れるラーメン店の地域に偏りが出てくるかもしれません(比較的ラーメン店営業の活発な地域ですよ)。

参鶏湯ラーメン

1参鶏湯ラーメン

最初に書いておきますが、今回記事はラーメン店のラーメンではありません(^_^;)
最初は雑談記事にでも掲載しようと考えていたのですが、それなりにボリュームがありそうな内容になりましたので、特別記事とさせていただきます。

2参鶏湯ラーメン

まずはこちらの商品を紹介です。
ドン・キホーテ宜野湾店で購入した「薬膳 参鶏湯(サムゲタン)」です。税抜きで399円とかだったかと思います。まず「参鶏湯(サムゲタン)」とはなんぞやからです。

サムゲタン(参鶏湯)とは韓国料理の一つで、鶏肉と高麗人参、鹿茸、ファンギ(キバナオウギ)などの漢方ともち米、くるみ、松の実、ニンニクなどを入れて煮込んだ料理である。薬膳料理や補身料理(ポシン料理・滋養食)ともされている。

3参鶏湯ラーメン

高麗人参などが入り、薬膳料理のイメージもあることから個人的には高級料理のイメージがあったりします。それが電子レンジで5分でチンして出来上がり、それも400円程度で販売されているなんて怪しいですね(笑) 面白半分で購入したのですが、インスタント食品として考えますと非常に良く出来ていると思います。原材料もきちんと押さえられているようですね。淡泊な味付けのスープは鶏出汁がストレートに出ていて、ちょっと手を加えるだけでも更に旨みが増しそうでした。…で、ここまでのことでしたら、雑談記事の範囲で充分だったのですが……。

好きなドラマ番組に「孤独のグルメ」という作品があります。
元はずいぶん前に発売された漫画作品(単行本全一巻のみ)なのですが、内容はおっさんが一人でもくもくと外食する様を淡々と描くもので、ドラマ性はまったくありません(笑) なのですが、逆に考えるといくらでもエピソードが作れる訳で、深夜帯のドラマとして受けが良かったのか今月(2015年10月)にはシーズン5が始まっているそうです。テレビ東京系列のドラマなので沖縄では観れませんが、動画配信サービスでは大抵ラインナップに含まれていますので、興味のある方は無料お試し期間などを利用してご覧になって観てください。先述したとおりドラマ性は皆無なので熱心にストーリーを追うものではなく、自分のようにながら作業での視聴に適している作品です(ブログ記事を書きながらがちょうど良い感じ笑)。

4参鶏湯ラーメン

さて長らく脱線したようですが、そのドラマ「孤独のグルメ」のエピソード4の第二話に登場したのが、「中央区銀座の韓国風天ぷらと参鶏湯ラーメン」です。毎回実在する飲食店に立ちよるのですが、この回で紹介されたのが「なじみ亭の参鶏湯ラーメン」でした。こぢんまりとした韓国料理店なのですが、そうはいってもオモニ(お母さん)が営業されている専門店ですので、「参鶏湯」も本格的なものでしょう。その「参鶏湯」にインスタントラーメンの麺を投入したのが「参鶏湯ラーメン」となります。韓国料理は本格的なお店でもインスタントの麺を使用しますよね。文化の違いでしょうがそれもまた面白い部分でもあります(もっとも作中ではお客さんの要望で入れたことになっています)。

5参鶏湯ラーメン

ということで作ってみました(笑)
先に紹介したドン・キホーテで購入したレンチンの「参鶏湯」に、スーパーで購入した最安値(50円程度?)の「しおラーメン」の麺を別途茹でて、「参鶏湯」側の器に投入です。いや、別に麺しか使用しないので「醤油」でも「味噌ラーメン」でも選択はどれでも良かったのですが、気分的に「塩」をチョイスしました。

6参鶏湯ラーメン

まずはレンチンした「参鶏湯」です。
鶏肉の固まりが丸々がっつりと入っています。お箸でつまみ上げますと、鶏肉自体の重みで骨の関節部分からホロホロと崩れて行きます。柔らかく炊きあげられていますね。スープ表面には白葱が浮いていますが、これは自分で追加したものとなっています。さて別途茹で上げたインスタントの麺を投入してみましょう。

7参鶏湯ラーメン

そして実食してみた「参鶏湯ラーメン」の感想なのですが……ドラマの重松豊さん演じるゴローちゃんはとても美味しそうに食べていたのですが、生麺を投入した方がやっぱり美味しいだろうと思いますよ(当然か(^_^;)) インスタント麺にはジャンルなりの良さや美味しさがあるので、面白い一品ではありました。やや粘度のあるシンプルなかつ旨みのある鶏出汁スープですし、素材としての本商品「参鶏湯」は応用が効きそうですので、いつか生麺+具材追加でオリジナルラーメンを作ってみるかもしれません。今回も白葱の投入くらいはしているのですが……。まあでも楽しく美味しく頂けましたよ。

ごちそうさまでした!

※ドン・キホーテの「参鶏湯」は定番商品ではないようなので、売り切れ次第販売終了になるかもしれません。

まやの雑談部屋27 「カップ麺」「にらタレ」「ケンタッキー」「ブログ」

「まやの雑談部屋」の第27回記事になります。
以前もラーメン記事中にたまに雑談をはさんでいたりしましたが、完全に切り離して別記事にすることにしました。雑談というかあくまでも日記のような内容ですので、ラーメン記事以外に興味のない方は、飛ばして貰ってぜんぜん結構です(^_^;)

※前月同様8月期の記事更新は10回に満たなかったのですが、9月に更新した分を移動して無理やり二桁にしました(9月に新規出店されたお店もあって、時系列的にはおかしくなってしまうのですが……(^_^;))

1雑談部屋

■カップ麺のこと
これまた前回雑談記事と同様、カップ麺について触れてみます。
今月はなぜか「トマト系カップ麺」が多く発売されていたようで、テーマを決めたかのように併せて購入です。うーん、トマト系統を題材にするというのは季節的に夏季が向いているのでしょうか? 考えてみましたら暑さで食欲も落ちる時期ですし、さっぱり酸味を含んだトマトのスープは夏向きと言えるかもしれません。それと個人的な見解ですが、「トマト」と「カップ麺」というのは相性が良いのではと思っています。お店で提供される「ラーメン」と「素材としてのトマト」は実は相性があまり良くなく、どうしても水っぽくなってしまう部分を、無理に香辛料や塩分を追加して濃い方向に持って行きがちなのですよね。同じ麺料理でも、パスタのようにソースを煮詰める方向だとそれで濃厚な仕上がりに持っていけるのですが……。ジャンクなカップ麺ですと、粉末スープの時点でいくらでも濃く出来るのですよね。ということで、夏は「トマトカップ麺」の季節だ! というお話でした(笑)

「天下一品」のスナック菓子は、コンビニで見かけたのでおまけで購入したものです。

2雑談部屋

■にらタレのこと
ここ最近で一番のヒット商品です!
沖縄のラーメン店でもいくつかのお店で無料提供されていますね、いわゆる辛味のある「壺ニラ」です。これが一部イオンマックスバリュの店舗で販売されています。大の「壺ニラ」好きな自分ですが(主に「花月」で摂取)、一時期自宅で自作をしたこともあったのですが、どうにもお店で頂くような既製品感というかジャンク感が得られません。なにか普通に青臭い野菜に無理に辛味を付けているような感じでした。「お店で頂く」という気分の違いもあるのかと思ったのですが……。ところがこちらの「にらタレ」ですが、もちろん売り物ですので既製品&ジャンク感(?)もばっちりです! 辛味と共に甘味も結構あるのですが、その辺りがポイントなのでしょうか? あとこちらの商品が秀逸なのはニラはもちろん、タレがたっぷりと入っていること。ニラのみを食べ尽くしますと当然タレが余るのですが、ニラを一束購入して漬ければまるまるもう一パック分の「にらタレ」が出来上がりです。一パック400円程度ですが、充分以上にお得感もあると思います。

3雑談部屋

蓋裏に記された「にらタレの食べ方」です。
あ、そのままおつまみ風にしか頂いてなく、ラーメンに入れたりしていないや(^_^;)
真ん中くらいに「ご飯に目玉焼きをのせ、にらタレをかけてまぜる」と記されているのですが、何これめっちゃ美味しそう(見映え的にはあまり良くないでしょうが笑)。日持ちもそれなりにしますので、しばらく常にストックとして置いておきそうです。

4雑談部屋

■ケンタッキーのこと
ケンタッキーは今年45周年ということで、色々な特別商品展開を見せていますね。画像は「はじめての焼きフライドチキン」というもので、いつものように揚げた後で焼きの工程を入れているというもの。焼きが入ったことにより、お肉のジューシーさはそのままに、衣がサクサクとした食感になって美味しかったです。

5雑談部屋

■ブログのこと
はい、引き続き更新が遅れております。
冒頭に書いたように、8月分は9月に入って更新した分を含め強引に二桁更新したことにしました(^_^;) もうしばらくこのような流れになりそうですが、ラーメン店には継続して訪れていますので、9月もがっつり頂きます!(9月期は連休もありますので、なんとか本来の月内での更新に収めたいです)

ちゅらグルメ×沖縄ラーメン協会共催 ちゅら塩ラーメンラリー開催!

1ちゅら塩ラーメン

2015年7月20日に全国発売された『マルちゃん 沖縄ちゅら塩ラーメン』を記念して、ちゅらグルメと沖縄ラーメン協会共催の『ちゅら塩ラーメンラリー』が開催されるのだそう。といいますか、開催期間は2015年8月1日(土)~2015年8月31日(月)ということで、既に折り返しに入っていますね(^_^;) せっかく沖縄県内で展開されるラーメンイベントですので当ブログでもご紹介しますが、実際に行けるのは何店舗になるでしょうか? 企画の概要としては以下のとおり。

【企画概要】

・ちゅら塩ラーメンとは、沖縄県産の塩を使用して作られた沖縄の新ご当地ラーメン
・基本のレシピをアレンジし、各店舗の工夫と特長を活かした「ちゅら塩ラーメン」を期間限定で、県内の人気ラーメン店でお楽しみ頂けます
・参加店12店舗の内、5店舗のスタンプを集めた方は、特典満載の【ラーメンマイスターカード】を各店でゲット出来ます!


【参加店舗】

【もとなり 久茂地店】「ちゅら塩タンメン ソーキ付き」800円 15杯限定
【昇家】「ちゅら塩ラーメン」700円 15杯限定
【武蔵家】「ちゅら塩ラーメン」650円 終日提供
【白虎】「ちゅら塩 琉球ソルティー」750円 10杯限定
【鍵】「ちゅら塩ラーメン 鍵バージョン」730円 土、日、20杯限定
【大勝軒】「ちゅら塩 軟骨ソーキのワンタン麺」800円 20杯限定
【我流家】「Chura Sio まぜつけ麺」780円 終日提供
【はるや】「ちゅら塩らぁめん@はるや」750円 15杯限定
【三竹寿 宜野湾店】「ちゅら塩冷やしオクラーメン 軟骨ソーキ添え」750円 20杯限定
【なりよし】「ちゅら塩ラーメン」700円 10杯限定
【花銀琉】「ちゅら塩らーめん」800円 20杯限定
【Stripe Noodles】「ちゅら塩ラーメン Stripe Ver」800円 10杯限定


4ちゅら塩ラーメン

さすがに紹介する以上、最低でも一店舗には寄ろうとは考えていますが、全12店舗もありますと結構迷いますね(笑) うーん、このなかでは沖縄では却って珍しく映る、澄んだスープの「昇家のちゅら塩ラーメン」が気になるかも。あと唯一ラーメン仕様ではない、「我流家のChura Sioまぜつけ麺」も試してみたいかも。しかし一ヶ月で12店舗というのは、提供限定も多いなか結構ハードルも高めです。まあこういったイベントは楽しんだもの勝ちですよね(^_^)

2ちゅら塩ラーメン

ちなみにこちらがカップ麺の『マルちゃん 沖縄ちゅら塩ラーメン』です。
こちらは既に実食済みとのなっています。シンプルですっきり澄んだ塩味で美味しかったですよ。コンビニだけではなく、量販店でも販売されているようです。こちらも機会があったらぜひお試しをしてみてはどうでしょうか。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。